読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライターポートフォリオのようです

どうも、ちょく(直)という名義でライター活動をしてます。

 

2016年になってライター活動が3年目になるので、そろそろ自分がどんな人間なのかを分かってもらうためにポートフォリオ的なものを作ってみよう、ということで過去を振り返ってみます。

 

過去は変えられないのはわかるけど、なかったことにはならない?ならないですよね。

 

ライターの前は何をやっていたか

 

まず、高校時代は演劇科なるものに通ってまして、俳優活動10年続けていました。

僕が長く所属していた劇団はこちら↓

 

http://www.kaden-jp.com/top.html

 

海外のフェスにも出てましたが、3年前にやめました。理由は演劇を創るにあたってのモチべショーンとかがなくなったからです。丁度仕事が忙しくなって作品創りに重きを置けなくなりまして。簡単に言うと役作りに割く時間が圧倒的になくなったんですよね。まぁ自然と「これやってる意味あんのかな?」って考えるようになりまして。

 

それでも演劇やってる人からすれば「好きなら寝る間もなく役作りしろボケカス!」って言われそうですが、この頃には好きという感情はほぼなくなってたのでやめました。

 

そもそも俳優になってビックスターになってやるー!みたいな想いも最初からなく、「良い物を作りたい」っていうのが自分のテーマだったので。

ようは何かしら表現をしていきたかったので、ライターになって自分という媒介を通して何かを作ったり表現したかったのです。

 

ライターになったきっかけ

 

何でライター業をやろうと思ったのか。大きなきっかけになったのがこれ。

 

special.smartguide.yahoo.co.jp

 

Yahoo!スマホガイド「スマホの川流れ」で新調査員募集のやつがありまして。それでモテたくてキャバクラに突入した話

というタイトルだけでも頭が悪そうな作品を出したら何を間違えたのか佳作を取っちゃいまして。最初は普通にブログ書くのが好きだったんですが、どんな形であれ誰かに認めてもらったのは単純にうれしいもので。

 

今改めて読み返すと内容的に物足りないクソ過ぎて吐きそうな内容だったので、いつか構成を練り直してやりたいですね。

 

これで気を良くしたので、もっと続けて色んな人に見てもらいたいなぁと思って本格的に活動を始めました。

 

それでもやっぱり初心者も初心者だったので、

 

contentz.jp

 

 

ヨッピーさんとセブ山さんのライター塾に通い、記事を書くにあたっての色々なノウハウを教えてもらいました。

 

余談ですが、ヨッピーさんやセブ山さんには凄く丁寧に指導や添削をして頂いたので、今でも感謝しています。

僕に佳作という名誉ある賞を下さったセブ山さんには特にめっちゃボロカスに言われた。

 

取材が好きだ

 

色々な記事を書いてきたけど、やっぱり取材記事が好きなんだと思いました。自分で見てきたもの、聞いてきたもの、体験してきたもの、それらに勝るものはないと思います。

と言う事で、僕が書いた取材記事をいくつか掲載させて頂きます。

 

今も何かと炎上やらで騒がれてる事が多い秒刊サンデーで書いてた事がありました。今はもう書いてません。

媒体自体がどうこう言われてますが、一応頑張って色々書いたので紹介します。

作った記事に罪はない。

 

 

 

PR記事

www.yukawanet.com

自分の周りの人と奥さんにインタビューしました。僕の奥さんは高学歴でめっさエリートで美人というスペック。僕の記事は絶対に拡散しないという謎のポリシーがあるようです。何なの。

 

めっさ頑張ったやつ

www.yukawanet.com

 

マジで死ぬかと思った検証記事です。何か体張った記事書きたいなーと思ってやってみました。完全に素人が舐めてかかってたので大変だったのを覚えています。PR会社の人から自転車の紹介記事書きませんかって言われて書いたんですが、これ、PR記事じゃないので普通の取材記事ってとこがミソです。ただやりたくてやっただけ。

 

 

かなり想い入れがあったやつ

 

 

www.yukawanet.com

 

オネェダンサーの日出郎さんです。ツイッターで最近有名になってますよね。個人的なお付き合いもあって、LGBTの事とか炎上しがちなネタをズバズバ聞いてきました。ずっとオカマの人と仕事してきた事もあったり、誰よりも理解があると自負していたので。こうして形に出来て良かったです。何か言われるかな?と思ったけど、結果炎上しませんでした。

媒体の知名度か僕の書き方の結果かは、読んだ人の判断に任せます。

 

MTRL

 

mtrl.tokyo

 

モスバーガーさんに紹介記事書いて~!って言われたので、最近お世話になっているMTRLさんで書かせて頂きました。「イケメン二人に挟まれてイジメみたい!」という狙い通りのコメントをもらえました。

 

書いてないけど出てるやつ

mtrl.tokyo

 

僕は書いてないんですが、僕がイケメンにチャレンジみたいなのどうですかって案を出したらこうなりました。「元がいい」という意見もありましたが、友人知人からは「おっさん臭くなった」というコメントを大量にもらったので何なの?と思いました。

 

kekoon

 

wedding.mynavi.jp

 

wedding.mynavi.jp

 

wedding.mynavi.jp

 

プレスラボのカツセさんからお仕事を頂きました。大変ありがたいです。やっぱり取材記事だ!思うきっかけを作って下さったのもこの記事があったからだと思います。個人的には、これらのおかげでインタビューで話を引き出すコツを掴めた様な気がします。(あくまで個人の感想です。)

 

以上です。直近の活動報告でした。こうしてまとめてみると、自分の考え方とか書き方に変化が出てきてるんだなーと再発見できるのでいいですね……。

また、随時更新していきます!

 

 追記(2016/3/30)

 

この度、日本おもしろ記事大賞で佳作をとりました。

 

omokiji-award.jp

 

数ある記事の中で入選させてもらい嬉しかったです。スマホの川流れでも佳作でしたが、また佳作です。

発表の瞬間たまたま横に奥さんがいたんですが、「また佳作?」と言われたのが面白かったです。

佳作ライターとしてこれからも頑張りますね。

 

追記(2016/6/2)

オウンドメディア連載

 

blog.iro-dori.net

 

blog.iro-dori.net

 

 

 

印刷サービスの会社である、イロドリ様より連載です。いつの間にか連載になってました。

 

転職しました

 

tyokusunao.hatenablog.com

 

上記の通り、CAMPFIREに所属になりました。以下、プロジェクトオーナーへのインタビューなど。

 

mag.camp-fire.jp

 

mag.camp-fire.jp

 

mag.camp-fire.jp

 

mag.camp-fire.jp

 

mag.camp-fire.jp

 

このインタビューの効果もあってか、どんどんパトロンが増え、支援金も増えているようです。嬉しい!

 

 

以上です。直近の活動報告でした。こうしてまとめてみると、自分の考え方とか書き方に変化が出てきてるんだなーと再発見できるのでいいですね……。

また、随時更新していきます!

 

おまけ

lorens.jugem.jp

 

前のブログで書いたやつです。趣味で音楽やってるのでその辺のお誘いも待ってます。